世界初のトルクベクタリングは、1996年の5代目ホンダ プレリュードのATTS(Active Torque Transfer System: アクティブ トルク トランスファー システム)でした。

危険回避とコーナリング性能に寄与する先進機能。旋回時、vdcによって内輪側にブレーキをかけることで相対的に外輪側の駆動力を大きくし、旋回性能を高めます。 標準装備 2.0i-S EyeSight. アクティブトルクベクタリングについては、かなりコーナーリング性能に影響を与えていると思います。 普段はアクティブトルクベクタリングをONにしていますが↓のS4のレビューの通り、ハンドリングはオンザレール感覚です。

さらに今回18インチ仕様にアクティブトルクベクタリングを採用してきた。すでにレヴォーグから採用していたのだけれど、コーナーでアンダーステアが出た際、前輪の内側のブレーキを少しツマむことでトルクベクタリング効果を出そうという狙いである。 最高出力27kWのモーターを2基左右に配置し、後輪左右のプラストルクとマイナストルクを自在に制御。リングフリー制御によりモーターの許容回転数を超える高速域でもトルクベクタリングを可能とし、全速度域でかつてないオン・ザ・レール感覚を実現。 アクティブ・トルク・ベクタリング. 危険回避とコーナリング性能に寄与する先進機能。旋回時、VDCによって内輪側(2WD車はフロントのみ)にブレーキをかけることで相対的に外輪側の駆動力を大きくし、旋回性能を高めます。 以前の記事、「インプレッサ g4の試乗動画を撮ってきた」の記事に頂いたコメントで、「アクティブトルクベクタリングはやはりかなり効果があるのですかね? もし可能であれば1.6との比較とかもしていただけるとうれしいです!」といったご要望を頂い アクティブ・トルク・ベクタリング. 新発想の制御技術「g-ベクタリング コントロール」 gvcは、マツダがこれまで取り組んできた「統一感」をさらに進化させるため、「エンジンでシャシー性能を高める」という新発想と、人間中心の開発思想に基づいて開発されました。