Windows Server 2008R2 を使用しおり、ウィンドウサイズの小さい機器との通信を行うため、TCP/IP ウィンドウサイズを変更するため、 レジストを変更しましたが、TCP ウィンドウスケール ( Window Scale ) オプションが有効になっており、ウィンドウサイズの変更ができません。
The Cable Guy: TCP 受信ウィンドウ自動チューニング. Windows Vista以降のOSでは(Windows Server 2008やWindows Server 2012でも)、規定でTCPウィンドウスケーリングは有効になっています。 また、OSが通信状態をみて自動でTCPウィンドウサイズを最適化調整されるとのことです。 両方のマシンでWindows Server 2012が実行されています。「ウィンドウ自動調整レベルの受信」は両方で正常です。「ウィンドウスケーリングヒューリスティック」は両方で無効になっています。 一方で「iperf -s」を実行し、もう一方で「iperf -c」を実行しました。 両方のマシンでWindows Server 2012が実行されています。「ウィンドウ自動調整レベルの受信」は両方で正常です。「ウィンドウスケーリングヒューリスティック」は両方で無効になっています。 一方で「iperf -s」を実行し、もう一方で「iperf -c」を実行しました。