エクセル(Excel)で差をつけろ! 新入社員の必修記事10選; 2軸、複合グラフ…基本から分かるエクセルでグラフを作成する方法; Excelのピボットが使えない人はすぐ読むべき記事まとめ; みやすい資料はグラフが命!エクセルを使った簡単な作り方 例えば、エクセルで一次関数のグラフを作るときにはどう対処するといいのでしょうか。 ここでは、エクセルで一次関数の方程式からグラフを描く方法について解説していきます。 ・エクセルで一次方程式のグラフを書く方法 エクセルの便利な機能の1つに『マクロ』があります。ネットでマクロの意味を調べると、次のように書かれていました。ソフトの操作を自動的に行わせる機能です。頻繁に行う操作を登録することで、何度も同じ操作をしないで済みます。出典 (株)朝日新聞出版 エクセルの関数の実際の書き方. ExcelのIF関数の使い方を覚えると、条件を指定して処理を行うことができます。 IF関数を使えば、 こんなときにIF関数を使えないと1つずつあっているかどうかを確かめていくしかないですよね。 そして、IF関数はExcelを使っていく上で絶対に覚えるべき関数の1つです。 前述の例ですと、具体的な書き方はこうなります。 ビフォー:=a1+a2+a3+a4+a5・・・・+a100 アフター:=sum(a1:a100) 短くなりましたね!この「sum()」という部分が関数とよばれる部分です。この英単語を覚えていけば、エクセルがほんと楽しくなります …