トップページの画像のみ変更.

画像が見たい方は、この先をチェックして一緒にやってみましょう。 途中まで【タイムラインをブログに埋め込む】方法と同じです。 タイムライン埋め込み用のページを開きます TwitterにURLリンクを貼る方法やブログへTwitterリンクを埋め込む方法を紹介しています。リンクをうまく使うことでブログも華やかになり応用次第では活用できるのでぜひお試しください。リンクを貼る際の注意点なども合わせてご確認ください。 Twitterのツイート投稿のリンク・URLの貼り方を解説します。ツイート表示画像(Twitterカード)の設定方法・貼り方も説明します。その他に、Twitterのモーメントのリンク、自分のTwitterアカウントのリンクなどの貼り方もあります。 日本ではあまり知られていませんが、Twitterで共有する画像(写真)にリンクを埋め込み出来るサービス「thinglink」というものがあります。 Make Your Images Interactive – ThingLink. ↑これが埋め込みツイートです。 そもそもですがTwitter側は ツイートされた文章や画像に対し その著作権はユーザーにあると きちんと明確にしています。 以下、引用している部分は全て Twitterの利用規約である 次のリンク先からのものです。 TwitterでリンクのURLを貼った時に、サムネイル画像が表示されないということがありました。実はTwitterでURL先のサムネイル画像を表示するには「Twitterカード」という設定をしなければなりません。そこで今回は、 Twitterカードとは何か? Twitterカードの使い方 寝ログさんの説明通りにやりました。@設定、header.phpにget_template_partを埋め込むなど。変えたのは以下の二点。記事のサムネイル画像を入れてない場合、代わりに使う画像です。管理人は直リンクで入れました。 変更しました。 ツイートを記事に埋め込むには、urlの貼り付けと、埋め込みコードの貼り付けの2つの方法がある。 url貼り付けは、単にurlを貼り付けるだけなのでとても簡単; 埋め込みコードは、色を変えたい、配置をセンタリングしたい等、こだわる時にはこちらを利用。