dvdレコーダーで録画やダビング(コピー)をしたdvdを、他の再生機器でも見られるようにする作業を「ファイナライズ」と呼びます。 ファイナライズの方法は簡単で、家庭用dvdレコーダーやパソコンでは、この作業を自動で行う設定になっている場合もあります。

ファイナライズとは、本機でダビングしたブルーレイディスクやdvdを他機器で再生できるようにするための処理です。 ※ファイナライズをすると編集可能なディスクから、再生専用のディスクになり、追記はできなくなります。ご注意ください。 本機でダビングしたdvdが他機で再生できません。 A 本機で作成したDVDディスクがほかのDVDレコーダーやDVDプレーヤーで再生できない場合、「 ファイナライズがされていない場合 」 や 「 再生しようとしている機器が、対応していない 」 などの原因が考えられます。 ダビングできない信号が入っている: cprm対応のディスクをvrフォーマットしてダビングしてください。 コピー制限されたシーンを含むため: ダビング出来ないディスクです: 本機でのダビングに対応しているディスクか確認します。 関連q&a: dvdhddレコーダーでダビングしたdvdディスクが他の機器で再生できないことがありますが、このおもな原因は「ファイナライズ」です。ファイナライズは、多くのdvdプレイヤーでの再生互換性を高めるために必要な処理となっています。今回は、このファイナライズについて紹介します。 dvdは「ファイナライズ」という処理を最後に行わないと、そのdvdを作成した機器以外での再生できなくなってしまいます。 dvdに馴染みがない方は、なんだか難しそうだと感じるかもしれませんが、下記ではファイナライズについてご説明いたします。