今回は、下のPSDデータをドロップレットを使ってJPEG保存したいと思います。 Illustrator、Photoshopのアクションは、バッチ機能によって特定のフォルダに対して実行することができます。さらにPhotoshopは、アクションをアプリケーション化することができます(ドロップレット…


ドロップレットと違い、Photoshop上にて実行しなければなりませんが、10個以上の大量のデータに処理を行いたい時はバッチ処理を使いましょう。 ドロップレット機能を使ってみよう. ドロップレット機能は多量のデータを一括自動処理できるすばらしい機能です。意外と知らないor使用してない人向けにドロップレットの準備の仕方と使い方をまとめてみました。アクション次第で様々なことが自動処理できるようになるのでドロップレットで作業を効率化しましょう。 Photoshop(フォトショップ)で「バッチでファイルを一括で処理する方法」を初心者向けに解説した記事です。バッチ処理を使うと、画像のサイズを変えるといった同じ作業を繰り返して実行可能。Photoshopの効率アップにお役立てください。 ドロップレットとは? ドロップレットとはPhotoshopの“アクション”をアプリケーション化したものです。 大量の画像データでも、ドロップレットのアイコンにドラッグ&ドロップするだけで、登録されたアクションを行ってくれるという、とても便利な機能なんです。 ①お使いのOSとそのバージョン : Windows 10 ②Photoshop のバージョン : CC 2018 ③トラブルの内容 PSDでドロップレットを作成して画像のリサイズ、トリミングの一括処理をしようとしたら PSDでファイルが開いたところで動作が止まってしまします。 アクション単体での実行はされていま … ドロップレットのアイコンをデスクトップなどに置いておくと、Photoshopを開かなくても、画像をドラッグ&ドロップするだけで、アクション通りの編集を実行してくれます。