中学受験の社会の範囲は非常に広いです。地理、歴史、公民、図やグラフ、史料を読み解き、語句の説明も正確にできなければなりません。社会は暗記科目だから最後につめれば何とかなる、そう思っていませんか?直前期は他の科目に時間をとられ、社会は後回しになってしまいがちです。 国語、算数、理科、社会。学校によるけれど、中学受験に必要な4科目のなかで、「時間が足りなかった!」の筆頭に上がるのが、「国語」という教科ではないでしょうか。 中学受験において、「社会は単なる暗記科目」と高をくくってらっしゃる方も多いはず。一方で「うちの子暗記が全然ダメなの」と悩んでらっしゃる方もいるでしょう。今回は社会の誤解を2つご紹介しながら、暗記のコツについてお話ししたいと思います。
中学受験は高校受験と違い、子どもによって向く、向かないの差が非常に大きいです。中でも中学受験の理科・社会は、他の教科と比べて特殊なため、お子さんに適性があるのか注意して確認する必要があります。 中学受験の理社の成績が伸びる子の共通点とは? プロが教える科目別勉強のしかた11のポイント Point1 中学受験は算数で決まる! Point2 国語の成績を上げる3つの条件 Point3 中学受験 理科入試は高得点勝負 Point4 子どもを社会好きにするコツ Point5 【 … 」と社会専門塾の野村先生は言いましたが、中学受験のプロではない、いち母に過ぎないわたくしに言わせれば、社会こそ後回しにすべきです。 中学受験 第一志望に合格したいなら「社会」の後回しは危険です―――合否を分ける“あと数点”は社会で稼ぐ!