四十九日とは仏教法要の一つで49日目を忌明け満中陰とし法要後に納骨する遺族もある。四十九日の意味、数え方、四十九日法要、法事の流れと準備、食事、施主の挨拶、お布施・のし・香典袋・香典の表書き書き方と金額相場、服装、お供え花、香典返し等。 四十九日法要は、故人にとっても遺族にとってもとても重要な法要なんです。 法要をしていただいたらお布施を納めないといけませんね。でもはじめての人にとってかなり大変なんです。 また四十九日法要と合わせて、納骨や位牌の開眼法要 … お布施の封筒・お布施の袋のマナーのページ。お布施とは通夜、葬式葬儀、法事法要の際にお寺、僧侶に渡す謝礼です。お布施の封筒の書き方・お金の入れ方・包み方・袋や封筒の種類・お布施 封筒の水引(黒白・黄色・黄白)・金額の数字の書き方・裏側の書き方を解説します。 四十九日は水引の色が黒白、双銀、藍銀の香典袋を使用します。関西のある地域は黄色の水引を使うところもあります。また、水引は結びきりの物を使います。結びきりの水引には「これ以上不幸が起こらないように」という意味が込められています。 香典袋には通常飾り紐(水引)を施したものが一般的で、袋の色や形によって使い分けされています。 また、宗教・宗派を問わず広く使用できるものに「白黒結び切り」があり、急な不幸などのために普段から備えておくことができる香典袋もあります。 しかし、地方によってはお布施に水引が必要な場合や、不祝儀袋をお布施袋として使用する場合には水引をつけるのが一般的なので注意しなくてはいけません。 水引を使用する際には水引の結び方や色に注目して選ぶ必要があるでしょう。