売掛金などの商事債権には時効制度が設けられており、債権種類ごとに時効期間が定められています。なお商事債権については時効を中断することもでき、たとえ時効期間を過ぎても回収できるケースもあります。この記事では、商事債権の時効期間や時効の中断方法などを解説します。 時効の中断、停止について. 刑事事件の時効とは?時効の年数とは?時効が撤廃された刑事事件は?起算点・計算・停止・中断とは? このような疑問をかかえているかたへ。刑事事件弁護の経験豊富な弁護士が、あなたのお悩みや疑問を解決する手段をご案内します。 q1刑事訴訟法にある「公訴時効」とは? 「んじゃ、民法調べよ。」と思って民法(147条、157条あたり)を調べても、結局のところは「差押が終了することによって時効は中断する」「中断から 年経てば時効は成立する」と書いてあるだけ。 結局のところ、「差押の終了ってなんだ? (消滅時効の起算点と時効期間―総論―) 今回の民法改正では、消滅時効に関して数多くの変更がなされるが、今回取り扱う消滅時効の起算点及び時効期間は、その中でも重要な変更のうちの1つといえよう。

次に、消滅時効の期間や起算点、時効が中断するのはどのような場合かなど、消滅時効の詳細についてみていきましょう。 消滅時効の期間は「商人」であるかないかで5年または10年 消滅時効の期間や起算点、中断する場合. ③差押等で弁済扱いの可能性もありますが、正確な理由は債権者に確認しないとわかりません。 なお、仮に差押が実施されている場合には、差押により時効中断の効力が発生します。 ④書面の具体的な記載方法まではここではお答えいたしかねます。 時効には、中断や停止という制度があります。『中断』は、時効の経過がリセットされることです。時効まで残り1カ月だったとしても、中断した場合は、またその翌日を起算日として時効までのカウントが始まります。