今回はWordPressの基本的なカスタマイズの1つ、文字の表示に関するカスタマイズをしていきます。フォントの変更やフォントサイズ(文字の大きさ)や文字の色も変更できます。特に初期状態だとフォントが美しくないので最初にここのカスタマイズをし このページのメニュ. フォントを編集するには、カスタマイザーで編集する方法、投稿・固定ページ編集画面で編集する方法、そしてcssを用いる方法の3つがあります。 フォントのスタイル、カラー、サイズを変更するこれら3つの方法をそれぞれ詳しく見ていきましょう。 もくじ. 1 Webフォントとは何か? ブラウザで表示される文字について; 2 Google Fontsの日本語フォントをWordPressで使う方法. もう1つは、スタイルシートで全ページ同じフォントアイコンを指定する方法は、下記のようなCSSを子テーマのstyle.cssまたは「VK ExUnit」‐「CSSカスタマイズ」メニューに追加してください。 WordPressに限らず「サイト名」は全ページに表示される重要なパーツです。一般的には単調な文字に見えてしまうかもしれませんが、フォントを指定することで、こんな感じにロゴっぽく仕上げることができます。 ここでは、Webフォントを使ってサイト名をロゴ風に仕上げる例を紹介します。 1 全ての固定ページの記事タイトルの表示を消す方法. WordPressで投稿や固定ページの本文を入力するときに「ここだけフォントサイズを大きくしたい」ということもあります。 テキストエディタでCSSを入力できる方は次のようにstyle属性の中で自由にCSS(font-sizeなど)を入力すれば文字を大きくすることができます。 1.1 その1 スタイルシートで非表示指定する; 1.2 その2 固定ページファイル (page.php)の変更で非表示にする 基本準備. このように固定ページのページタイトルに挿入する方法. ワードプレスのブログの記事を書いていくときに、初めてだと悩んでしまうのが、フォントサイズや文字色の変更です。文字の背景色なども簡単に変更できるプラグイン「TinyMCE Advance」の使い方を紹介します。 WordPressのプラグインの中で必ず入れておいたほうが良いプラグインです。