東京大学大学院 情報理工学系研究科 システム情報学専攻 第一研究室(猿渡・小山研究室)のウェブサイトです。 主に音メディアに関する現象の理解・情報処理・制御を目指し、波動場を意識した新たな信号処理の創出及びそれを応用した情報処理システムの構 東京海洋大学は、グローバル教育研究推進機構の主催により、2019年度夏期の「海外渡航に関する危機管理セミナー」を開催しました。 MORE 2020/05/21 2020:05:21:12:05:19 (国)東京海洋大学 研究者総覧データベース 産学・地域連携推進機構の研究者総覧データベースは、産学連携・地域連携の機会創出を目的として構築されております。 増殖生態学研究室 東京海洋 ... ヒライソガニにおける体色模様変異の生態学的機能に関する研究 : 大溪敦裕 : ベッコウイモの繁殖と幼生の発育に関する研究 : 蘇 喆 : イソカニダマシの脱皮と繁殖に関する研究 : MEMBERS - 鈴木秀和 教授Prof. Hidekazu Suzukihsuzuki 〇 kaiyodai.ac.jp (〇は@) トピックス.

研究について 流体力学をベースとして、海洋の食料・エネルギー資源利用技術と海洋生態系の保全に関する研究を行っています。海洋構造物の運動、安全性、および構造物と生態系との相互作用を明らかにするために、水槽実験、数値解析、現地実験を組み合わせた研究を実施しています。 本研究室では、持続可能な海洋利用の実現を目指して、資源・エネルギー・食料生産などの海洋利用技術の環境影響評価および、海洋や沿岸域における生態系の保全・再生・利用に関する技術や施策に関する研究を行っています。 12月17~20日に東京海洋大学の館山ステーションで大学院の講義が実施されました。 前半の2日間は「藻類系統学」で、進化系統学についての講義に続き、データバンクからdna情報をダウンロードして、実際に分子系統樹を作製しました。 東京海洋大学は両大学の伝統のみならず個性・特徴を継承するとともに、国内唯一の海洋系大学として「海を知り、海を守り、海を利用する」をモットーに教育研究を行い、我が国が海洋立国として発展していく中心的な拠点としての役割を果たすべく努力しています。 食品生産科学科の各研究室は、それぞれの立場で「食」を見つめ、 最先端技術を駆使し独自のテーマに取り組んでいます。 研究室での研究・開発の成果は、私たちの日常生活から地球の環境問題まで、

東京海洋大学は両大学の伝統のみならず個性・特徴を継承するとともに、国内唯一の海洋系大学として「海を知り、海を守り、海を利用する」をモットーに教育研究を行い、我が国が海洋立国として発展していく中心的な拠点としての役割を果たすべく努力しています。 東京海洋大学 田原研究室(電子制御研究室)では、電子制御技術に関する研究を行っています。 海洋産業において、電子制御技術は、船舶や海洋ロボットの制御に欠かせないものです。 東京海洋大学は両大学の伝統のみならず個性・特徴を継承するとともに、国内唯一の海洋系大学として「海を知り、海を守り、海を利用する」をモットーに教育研究を行い、我が国が海洋立国として発展していく中心的な拠点としての役割を果たすべく努力しています。 千足耕一研究室: 海辺の体験活動が参加者の海洋リテラシーに及ぼす影響: 3/26: 千足耕一研究室: 女子セーリング競技選手における練習期間およびレース期間中のコンディション変化の調査事例: 3/26: 千足耕一研究室 東京海洋大学 田原研究室 webサイトへようこそ.