計算式 安静時エネルギー要求量(rer)= 70×(適正体重㎏)の0.75乗 ※こちらは「 日本ペットフード社 」の お役立ち情報→犬の基礎知識に載っている 【安静時エネルギー要求量(rer)= 70×(適正体重㎏)の0.75乗】 計算式に基づいているものです。 この計算結果は、あくまで安静時エネルギー要求量です。 電卓を利用した計算方法 : 何kgか体重測定する; 数字を3乗する →・3kgの犬 … 体重20キロの成犬の、1日の摂取カロリーは1072キロカロリーになります。 適正な食事量には計算式があります。計算しながら食事を与えていくのは難しいと思われがちですが、市販の餌に目安表が記載されているので、参考にして頂くことをお勧めします。 また、合わせて体重に合ったカロリーも考慮しなければなりません。

計算式:安静時エネルギー必要量(RER)=70×(体重kg)の0.75乗. フクフクと少し太ったワンちゃんって、とてもかわいく見えますよね。しかし、人の間で生活習慣病のリスクを減らすために、体重のコントロールは必須事項になっていますよね。ワンちゃんの世界でも肥満は病気の温床です。今回は犬の体重の平均、体重制限の方法などご紹介していきます。

今回は、犬の餌の量を知るパッケージの見方や、給与量の計算方法を解説します。また、計算に役立つ、小型犬・中型犬・大型犬別の「rer早見表」もご紹介!子犬期~シニア期別の餌の回数や与える際の注意点もまとめているので、参考にしてみてくださいね。 肥満犬は体重から換算した30%程、避妊・去勢済犬は10%程、高齢犬は維持期の20~30%程エネルギー要求量を減らす必要があります。 授乳中の犬や屋外飼育犬の場合、維持期や室内飼育犬に比べるとエネルギー要求量は増加します。 愛犬の体重・体型が適正ではないなと感じたら、数グラムずつ餌の量を調節し、適正体格に近づくようにしてあげましょう。 犬の体型のチェック方法は下記の記事で紹介しています。 ⇒ 犬のダイエットに!食事方法・選び方とおすすめフード5選 例として、成犬(去勢済み)適正体重20キロの犬でカロリー計算してみましょう。先述した計算式で計算してみます。 (20キロ×30+70)×1.6(指数)=1072/日. ですからまずは適正な体重を知ることが犬と猫の体重管理への第一歩です。 【適正体重を知るためには】 あくまでも目安ですが、適正体重を知る方法が3つあります。1つ目の方法は成犬・成猫になった時の体重を参考にすることです。 犬もシニア期になると代謝が落ち、太りやすくなってしまいます。肥満は人間と同じように生活習慣病の原因。また、肥満になると関節への負担も大きくなります。当然のことですが、犬は自分で食事管理を行うことができません。愛犬に、いつまでも自分の足でしっ 我々人間と同じように、犬にとっても体重管理は大切なものです。痩せすぎていても、肥満でも病気の原因となる事もあります。でも犬種や個体差(体高等)によって適正体重は違います。 計算式(デフォルト値) 適正体重 = (身長m) 2 × 22(BMI指数が22で計算された、最も健康的と言われる体重) 美容体重 = (身長m) 2 × 20(BMI指数が20で計算された、見た目がスリムな体重) モデル体重 = (身長m) 2 × 18(BMI指数が18で計算された、モデル・女優のような体重)