先日、私の祖父が亡くなりました。祖父は生家(本家)から家を出て分家という形になっております。父はどうやら祖父のお墓を総本家の代からお世話になっているお寺に建てるようです。そうなれば必然的に門徒になってしまうと思いますが、 納骨とは、火葬した遺体の骨をお墓や納骨堂などにおさめることを言います。真宗大谷派の納骨はどのように行われるのでしょうか?真宗大谷派の歴史を交えながら解説していきます。

真宗大谷派の本山に納骨したいけど、どうすればいいのか分からず、困っていませんか? 真宗大谷派の本山納骨について調べてみたけど、納骨方法がいくつかあって、どれを選んだらいいのか分からない、という人も多いことでしょう。 通称「お西さん」と呼ばれる浄土真宗本願寺派こと西本願寺。京都にある世界遺産として有名ですが、どのような教義でまたどのように永代供養するかを知っている方は多くはないのではないでしょうか。今回はそんな西本願寺における永代供養について見ていきたいと思います。 真宗大谷派で永代供養墓(合祀墓・合同墓・合葬墓)の送骨納骨で永代供養墓2万円~、樹木葬3万円~、納骨堂合祀墓タイプ2万円~。持込納骨「納骨供養(読経)+永代供養」で合祀墓・合同墓4万円~、樹木葬5万円~、納骨堂合祀墓タイプ4万円~。全国120カ寺以上から選べます! 真宗大谷派ではどのように納骨するの?|大谷祖廟・費用・歴史. 浄土真宗の永代経についてです。永代経とはどういう意味のお参りなのか?永代供養とはどう違うのか?混同されてしまう理由は?気になるお布施(懇志)の金額も現地からレポートします