NullはVariant型に設定される値ですが、Variant型の初期値はEmptyですのでNullは意図的に代入しなければ設定されません。 Emptyは値がまだ設定されていない「未設定」状態を表し、Nullは値が「無い」ことを表します。 「未設定」と「無い」は意味が異なります。 Access Version:access 2000,2002 if関数を使っているのですが、それはさておきこう書きました。 Me.支払日="" つまり支払日テキストボックスをnullにしたいのです。ですがこれはどうやらnullではなく、何らかの文字が入っているような動きをします。 Access2010でテキストボックスを使う際はNull値の取り扱いに注意しましょう。Access2010ではテキストボックスにNull値は原則設定出来ないためVBAによる対応方法を掲載しました。 [Access 2016/2013/2010/2007] AccessのNz関数の使い方を紹介します。 目次1 書式2 使用例3 実践例:数値が未入力の場合にも和を表示する 書式 Nz(データ, Nu IsNull 関数 Microsoft Access 式に無効なデータ (Null 値) が含まれているかどうかを調べ、結果をブール型 (Boolean) で返します。 ※無効なデータとされている 構文 IsNull ( expression ) 必須の expression引数 は、数値式または文字列式を含む Variant です。 解説 Null. 今回は「VBA」「EXCEL」タグでの質問でしたので、念のため。 ②AccessのNz関数は、第1引数がNULL値の場合に第2引数の値を返してくれるものだったと思います。 Access で作ったテーブルの数値型のフィールド「金額」にnullを入れたいと思い、四苦八苦しています。 以下のソースを書いたのですが、値には「0」が入ってしまい、nullが挿入されません。Dim a As LongDim SQL1 As StringIf IsNull(M 「Null値」とは、データが入力されていない状態のことを言います。Null値をクエリやレポートで「登録なし」や「0」に変換して表示できます。