https通信でなければ ⇒ %{HTTPS} off https通信に書き換えてリダイレクト ⇒ ^/(. *)$ https://%{HTTP_HOST}/$1 [R=301,L] ということになります。 二つ目のディレクティブは、バーチャルホストとして定義されていないServerName(例えばIPアドレスなど)でのアクセスは拒否するというもの … 「www」あり・なしの設定は.htaccessでそれぞれ301リダイレクトして統一します。 wwwあり・なしを選び、以下のタグをhtaccessに記述してアップしてください。 ※ドメインは適宜変更してください。 httpのURLでアクセスしてもhttpsのURLにリダイレクトはかかりますが、ASPによっては不具合が出ない保証がありません。 サイト情報のURLをhttpsに変更しても、アフィリエイトリンクコードは変更されないASPがほとんどです。 WordPress以外のソフトでブログやサイトを作成し運営している場合 には、HTTPS化をするにあたり 「301リダイレクト設定」 を行う必要があります。 301リダイレクト設定とは、ウェブサイトにアクセスした際、指定ページから自動的に他のページへと恒久的に転送することです。 ある程度長くウェブ担当をされている方、「リダイレクト(転送)」が必要になった経験ってありませんか?転送は普通にHTMLを編集するだけではできなくて、悩まれる方も多いと思います。 目次.htaccessとは?.htacce […] リダイレクトの記述は.htaccessファイルの一番上に記述ください。 この記事は役に立ちましたか? 0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています 今回は「エックスサーバー」において、httpからhttpsへのリダイレクト設定する方法を解説しよう!基本的には、他のサーバーでも同じ記述となるので、他のサーバーの人も参考に見てほしい。 WWWありのURLにアクセスしたらWWWなしのURLに飛ばしてほしい、という希望を叶えるために.htaccess ファイルにいくらリダイレクトの記述を入れても反映されない。 悩んだ果てに、サポートのひとに 「 なんでですかね? 」と聞いたら、