Androidスマホで「設定」アプリを開き、「アカウント」→「Google」→端末に登録してあるGoogleアカウントを選択。未登録の場合は、こちらも先に「アカウントを追加」から設定しておこう。 4.

[設定]の位置は Android OS バージョンで違いがあります。 OSが Android 9 / Android 8.0 の場合 ホーム画面右上にある[設定]を選ぶため、リモコンの「上矢印」ボタンを約3秒長押ししてから「右矢印」ボタンを約2秒長押しし、「決定」ボタンを押します。

Android 版 Firefox は、Android のネイティブなアクセシビリティフレームワークと密接に統合され、Android のスクリーンリーダである TalkBack をサポートした最初の Web ブラウザです。TalkBack は、端末の他の部分と一貫した操作感覚とユーザ特有のスクリーンリーダ設定を提供します。 近年、スマートフォンの技術はだいぶ成熟しており、アクセシビリティも標準で充実するようになってきました。 今回は、視覚障害者・弱視者がAndroidスマートフォンを使う上で最初に設定しておくべきユーザー補助機能を開設します。 なお、設定方法は機種によって若干変わります。 手順 1: [選択して読み上げ] をオンにする. [設定]の位置は Android OS バージョンで違いがあります。 OSが Android 9 / Android 8.0 の場合 ホーム画面右上にある[設定]を選ぶため、リモコンの「上矢印」ボタンを約3秒長押ししてから「右矢印」ボタンを約2秒長押しし、「決定」ボタンを押します。 Android4.0では、Android Beamなどの新機能の追加に加えて、アクセシビリティの向上も図られています。設定画面より、「ユーザー補助(またはAccessibility)」として有効化できます。 ユーザー補助メニューは、Android 9.0 以降を搭載しているデバイスで利用できます。お使いの Android のバージョンを確認する方法については、こちらをご覧ください。 ユーザー補助機能メニューは、Android デバイスを操作するための画面上の大きなメニューです。 デバイスの設定アプリ を開きます。 [ユーザー補助]、[選択して読み上げ] をタップします。注: [選択して読み上げ] が表示されない場合は、Google Play にアクセスして Android ユーザー補助設定ツールの最新版をダウンロードします。 Android ユーザー補助設定ツールをダウンロードします。これには、ユーザー補助機能メニュー、「選択して読み上げ」機能、スイッチ アクセス、TalkBack が含まれています。Android ユーザー補助設定ツールは多くの場合、Android デバイスにあらかじめ組み込まれています。 スマートフォンには、さまざまな視覚・聴覚のサポート機能「アクセシビリティ」が搭載されている。本記事では、Androidの「アクセシビリティ」の主要な機能を解説するとともに、年齢を重ねてスマホを使いづらいと感じる人にも便利な各種機能を紹介する。 Android4.0では、Android Beamなどの新機能の追加に加えて、アクセシビリティの向上も図られています。設定画面より、「ユーザー補助(またはAccessibility)」として有効化できます。 Android の音声読み上げ機能 (TalkBack) 公開日 : 2014年4月5日 (2018年1月20日 更新) カテゴリー : アクセシビリティ Android のスマートフォンやタブレットには、「TalkBack (トークバック)」という音声読み上げ機能 (スクリーンリーダー) が搭載されています。 Androidスマートフォン本体の設定を変更する画面を開くには、いくつかの手段が用意されていますが、ホームアプリによって開き方が異なるため「見たことない」「開いたことない」と言う人は、表示させるやり方を覚えておくと役に立つかもしれません。 以前Androidのアクセシビリティを調査したことがあり、まだあまり知られていないことがたくさんあると感じているので少しでも情報を出していこうと思う。 ちなみにAndroidアプリのアクセシビリティガイドラインはココにありますMaking Apps More Accessible(英語) Androidのアクセシビリティ機能.