excel vbaで特に日付・時刻・曜日を利用する関数の一覧を作成しました。一覧には関数名・使用例を実行した結果も記載しておりますので、excel vbaプログラムで文字列を操作する時に参照して下さい。 VBAサンプルコード集(解説付き) スポンサーリンク. VBAで日付(Date)文字列を比較する方法です。今日より過去なのか、未来なのか、何日前なのか、何日後なのか、今月中ならOKで、それ以外ならNGなんてのも実務ではよく使う日付比較ですね。ここでは最も簡単な日付比較の方法と、DateDiff、DateAdd、DatePart関数を使って、日付比較しています。 Excel VBA マクロの日付 (Date) を文字列へ変換する方法を紹介します。Format 関数を使用して、書式に従った文字列に変換できます。FormatDateTime 関数を使用して、Windows の形式に従った文字列に … Excel VBA 日付データを年・月・日で数値または文字列として分割する. VBAで括弧内の文字列を取得する (2016.02.24) 日付をYYYYMMDD文字列に変換するユーザー定義関数 (2014.08.22) フォルダが存在するかどうかを確認する-Dir(path, vbDirectory) (2013.12.26) シート名を取得するユーザー定義関数 (2013.12.18) よく、文字列8桁で日付のデータがあって、 これを日付型に代入したい、、ってことありますよね。 "20000804"を日付型に代入したい。 で、関数は、何を使えば、、と探すと、 Cdate(日付文字列) かDateSerial(year, month, day) あと?(何かあるかなぁ? 日付データを年・月・日でセルに数値データとして分割する方法. VBAで文字列を検索するには、InStr関数またはFindメソッドを使用します。 InStr関数 InStr関数は、文字列内の指定文字列を検索し、最初に見つかった文字位置を返します。 構文は下記です。