SQLite3のデータ型について解説します。SQLite3のデータ型を考える場合には格納される値そのもののデータ型と、値を格納するカラムのデータ型を分けて考える必要があります。 sqlite3にはリスト型は存在しないため、例えばintegerのリストを格納したい場合はstr()して;(セミコロン)区切りの文字列にjoin()して格納、取り出すときはsplit()してint()するという操作が必要となる。. データを挿入するための操作は、例えば以下のように行う。 // ContentValuesのインスタンスにデータを格納 ContentValues values = new ContentValues(); values.put("data", 12345); // データの挿入 db.insert("sample_table", null, values); 挿入するためのデータは一旦ContentValuesクラスのインスタンスに格納する。 put()を使い、カラム名をキーに値を渡すことで実現できる。 そして格納したデー … テーブルには値を格納するためのカラムを定義しますが、どのカラムにどのような値を格納するかに応じてデータ型を指定することができます。ここでは SQLite のカラムで指定可能なデータ型について解説します。 C#でSQLiteを利用する(クエリ編) C#でSQLiteを利用する(追記編) System.Data.SQLiteの自作ラッパクラス ; C#でSQLiteを利用する(設定編) ComboBoxやらListBoxにkeyとvalueを格納する便利な方法

1行目のデータが配列の第1要素として取得され、その中に連想配列と添字配列の形式でそれぞれのデータが格納されます。 この配列構造を2次元配列と言います。 データベースから取得したデータをカラムごとに整理する方法 SQLite3のJSON SQLite3.9からJSON関連の機能が追加されたのはSqlite 3.9 の Json1を試した で詳しく紹介されている 今回、Node.jsでプログラミングしている際、データの保存を簡単にできないかと試していたら、SQLiteのJSONが想像以上に便利だったので、その部分を伝えたい sqlite3モジュールにはこれらの操作を予め登録し必要に応じて自動で実行する仕組みが存在している。