ExcelやPowerPoint、Wordで図形を使って何か表現をする時に気をつけたいのが、図形内に設定した文字が見切れないようにすることです。図形内の文字の見切れとは、例えば次のようなものをさしていま … 下図のように図形に追加した文字列(テキスト)を図形からはみ出して表示することができます。 スポンサードリンク よねさんのExcelとWordの使い方 | エクセル2010基本講座:目次 | 図(写真や画像)や図形の操作 |図形の中に文字列を入れる Excel、Word、PowerPointで図形の中にテキストを入れているような場合、文字が見切れて表示されることがあります。見切れないようにする方法をご紹介します。 Excel 2016 で文字を入れたい図形を右クリックし、ショートカットメニューより[テキストの編集]をクリックすることで、図形の中にカーソルが表示されて文字入力できるようになります。図形を選択して、そのまま入力しはじめてもOKです。 文字列の折り返しを背面に設定した図を選択したいのにできない! 図のあるところにマウスポインタを持って行っても、図が文字の後ろにあるために、マウスポインタは文字を選択する形にどうしてもなってしまい、図を選択するための形にはなりません。 下図のようにテキストボックス内の文字が配置されました。 上記の両端揃えの例は文字列「テキストボックス」の後ろで[Shift]+[Enter]で改行しています。 文字列「テキストボックス」が両端揃えになってい … 図形の操作に慣れている方であれば、すぐに設定できると思います。 今回の方法だとワードアートを使用するので表の前に文字が存在してしまいます。表の操作の邪魔になりますね。 図形や図が邪魔だなと思ったときに、削除したり移動しておいたりすると、後で元通りの場所に 配置するのは手間ですよね。 特に PowerPoint ではアニメーションの設定をしたりしますから、あえて後ろに隠しておきたい オブジェクトもありますし。 図形に文字を入れる方法から、図形とテキストボックスの塀用まで『エクセルで図形に文字を入れる方法』は以上です。 他の関連記事とあわせて仕事や趣味に役立ててください。 関連記事. ExcelでもPowerPointでもなく、Wordの、しかもWord 2007で、そして更にややこしいことに、図形またはワードアートを選択して右クリックした場合には、左の図のように[順序]にマウスポインタを合わせ、表示されたメニューから選ぶ形となります。 エクセルのシート上に図形を挿入した 際に、文字が見えなくなってしまいますが その文字を表示させたい時があります。 そのような場合は「図形の書式設定」機能を 使用すれば解決することができます。 そうはいっても、 『どうすれ・・・ こんな感じの図を作っていて、どうしてもこの中に文字を納めたいのに入らない〜と苦労している方いらっしゃいますでしょうか。そんな時は図を右クリックして図形の書式設定。「文字のオプション」-「テキストボックス」-テキストボックスの余白を0にすると Excel 2016 で文字を入れたい図形を右クリックし、ショートカットメニューより[テキストの編集]をクリックすることで、図形の中にカーソルが表示されて文字入力できるようになります。図形を選択して、そのまま入力しはじめてもOKです。 文字列の折り返しを背面に設定した図を選択したいのにできない! 図のあるところにマウスポインタを持って行っても、図が文字の後ろにあるために、マウスポインタは文字を選択する形にどうしてもなってしまい、図を選択するための形にはなりません。 エクセルsubstitute関数、replace関数で、特定の文字の後ろを抽出する方法を紹介しています。substitute関数とreplace関数は、文字を他の文字に置き換えることができる関数ですが、他の関数と組み合わせると、ある特定の文字の後ろだけ取り出すことができます。 併せて読んでおくとさらに便利.