キーボードは自動的に英語に戻るので、続きの文字を打ち続けられます。 この技は、「iPhone 5s」ならまだしも、「abc1de2fg3」などの入り組んだものを入力する際は、大いに役立ちます(ローマ字キーボードでも使えます)。 @dearwalker_yuyaです。初めてiPhoneを買ってちょうど3ヶ月経ちました。 文字入力の際、戸惑ってしまったのがカーソル移動の矢印(← →)が無いこと。 意外と簡単な方法で解決できたのでご紹介!

iPhoneユーザーにとっての必須スキルそれは文字入力です!メール、LINE、SNSと、文字入力を使う場面がたくさんありますね。今回は文字入力の中で、難しいとされる「iPhoneの文字入力でカーソル移動をする方法」について説明していきます。 iphone、メールで文字入力時に文字入力位置を変えるにはどうすればよいでしょうか?例えば、「こんにちは」まで入力して、「ん」と「に」の間にカーソルといいますか、入力の位置を戻したいと考えております。割り込みたい部分を暫くタッ みなさんこんにちは! iPhone教室の安藤です! 折りたたみケータイ(ガラケー)からスマートフォンにして一番戸惑うのが文字の入力ではないでしょうか? メールを送ったりインターネットで検索をしたり、スマホを使って文字を入力する機会は非常に多いですよね。 iPhoneで文字入力する際に、カーソルの移動ってやりづらくないですか?狙ったとおりの場所にうまくいかないし、誤って消してしまったりと…。画面の端や先頭などは特に動かしづらいです。うまくいかないと、なかなかイライラするものです。ただ、ある裏

今回はiPhoneのソフトウェアキーボード(内蔵キーボード)で、文字入力をより快適にすることができる、おすすめの設定についてご紹介します。 iPhoneのソフトウェアキーボードは、自分に合った設定に変更することで、初期状態よりも格段と文字入力を快適にすることができます。 フリック入力にある程度慣れている人でも意外と知らないテクニックがあるんです。 これさえ知ってれば文字入力がもっともっとさらに効率よく打つことが可能です! 今回は「フリック入力なんてマスターしてるよ」という人に向けたちょっとした小技の紹介です。