【ユーザーデータ取得】WordPress定義済み関数の『get_userdata()』『wp_get_current_user()』ってどのように違うの? 2020/05/30 ... WordPress・twenty seventeenテーマ改造で、ファンクション名変更と整理・ファイル削減などを行っていたら出たエラー(カスタマイザープレビューが表示されなく … WordPressに登録されているユーザーの情報を取得して、ユーザー名やメールアドレスなどのプロフィールをテーマ内に一覧で出力する方法をご紹介いたします。 WordPressで登録ユーザーの情報を取得して一覧で出力する方法 ユーザーの一覧を出力するには、get_users関数を使います。 WordPressでユーザー名がadminだったり、画面上に表示されるニックネームとユーザー名が同じだったりすると、セキュリティ上の問題があります。そこでユーザー名の変更の仕方を紹介します。わざわざこんな記事を書いている理由は、ユーザー名っ 管理画面で「ユーザー一覧」>「新規追加」をクリックして下さい。 ユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力しましょう。 WordPressに登録されているユーザーの情報を取得して、ユーザー名やメールアドレスなどのプロフィールをテーマ内に一覧で出力する方法をご紹介いたします。 WordPressで登録ユーザーの情報を取得して一覧で出力する方法 ユーザーの一覧を出力するには、get_users関数を使います。 WordPressサイトを運営する上で重要な情報はいくつもありますが、もっとも忘れてはいけないのは、 ユーザー名メールアドレスパスワード などの「ログインするための情報」です。この情報を忘れてしまうと、記事・画像の投稿を含め、何も操作できなくなってしまうからです。 実際のところ、Wordpressのソース情報からユーザー名(ログイン名)を知ることも可能なのですが、あからさまに投稿者名にadminなどと表示されている場合は、「この人、セキュリティーに疎そう」くらいは思われるかもしれません。(adminだと確実に自動攻撃ツールの的になると思います。)
ニックネームとユーザー名を同じにしない。 それではまずは基本的なところからいきます。 WordPressでは管理者がコメント欄に入力を行うと、ほとんどのテーマで投稿者としてニックネームが表示されます。 テーマによっては記事にも投稿者名としてこれが表示されてしまいます。 WordPressサイトを運営する上で重要な情報はいくつもありますが、もっとも忘れてはいけないのは、 ユーザー名メールアドレスパスワード などの「ログインするための情報」です。この情報を忘れてしまうと、記事・画像の投稿を含め、何も操作できなくなってしまうからです。 01.WordPressにログインする. 02.WordPress上で「admin」とは別の管理者アカウントを作成する.
WordPressのテーマによっては、記事の下などに投稿者が表示されてしまい、なんとか消せないだろうかと思うこともあると思います。今回はその場合の方法を書いてみたいと思います。アーカイブでauthorのページがあるまずWordPressのデ